戻る
  •  
  • Home
  • >
  • 教育館だより 目次

  • 白樺教育館

    白樺教育館ホーム

    教育館だより 目次


  • 2017年 4月24日
  • 176. 「白樺教育館」の教育と文化活動を支えてきた「お金」のはなし.
  • 2017年 3月24日
  • 175. 教育勅語は、「反道徳」の見本なのだ、ということが今も分からぬ日本人では哀れです.
  • 2017年 3月21日
  • 174. 人権思想の淵源は、宗教や哲学ではなく、幼子の存在です.
  • 2017年 3月 4日
  • 173. 『森友学園』騒動は、国のカタチを揺るがす大問題
  • 2016年11月24日
  • 172. 紅葉と雪 旧村川別荘を7枚の 写真で見る +
         村川堅固・堅太郎の現代的意義
  • 2016年10月 7日
  • 171. タケセンの体験と思想・二題
  • 2016年 9月 7日
  • 170. 漱石の手紙発見! 杉村楚人冠(そじんかん)と
        夏目漱石と「平民新聞」 ー杉村楚人冠邸園の写真7枚
  • 2016年 8月 1日
  • 169. ついにタケセンblog「思索の日記」が1位に!
         (255万blog中)一日で23万人がアクセス
  • 2016年 8月 1日
  • 168. 白樺の同人であった荒井達夫さん(参議院元職員)の見解が、朝日新聞社説に.
  • 2016年 7月 6日
  • 追記:166. 武田哲学の芯に迫るためのインタビュー3
        宗教について と フィロソフィは「学」ではない
  • 2016年 2月29日
  • 167.ソクラテス 教室(in 白樺教育館ー旧称は「我孫子児童教室」)
      40周年記念会 写真集
  • 2016年 2月15日
  • 166. 武田哲学の芯に迫るためのインタビュー3
        宗教について と フィロソフィは「学」ではない
  • 2015年10月11日
  • 165. 武田哲学の芯に迫るためのインタビュー =質問 内田卓志 2.
  • 2015年 9月26日
  • 164. 武田哲学の芯に迫るためのインタビュー =質問 内田卓志 1.
  • 2015年 8月 9日
  • 163. 『日本会議』の謎・倒錯した精神構造を解明する.
  • 2015年 5月 4日
  • 162. 我孫子市 散歩市 マップ 5月7日〜22日(3つの彫刻説明)
  • 2015年 3月21日
  • 161. 音楽ホール設計者・小林宅サロンで、 とっても贅沢なコンサート.
         ピアニストの松本和将さんら7名で.
  • 2015年 2月19日
  • 157. 「従軍慰安婦問題」ー泥さんが、右派のウソを元から断つ.英語版の追加
  • 2015年 1月 1日
  • 160. 古代ギリシア史家、村川堅太郎の現代的意義+
          「旧村川別荘」紅葉の写真集
  • 2014年12月27日
  • 159. 秋の芦ヶ久保ハイキング
  • 2014年 8月20日
  • 158. 39回目の『手つかずの自然の海でのキャンプ&ダイビング』in式根島.
  • 2014年 8月17日
  • 157. 「従軍慰安婦問題」決着ーー泥さんが、右派のウソを元から断つ.
  • 2014年 7月28日
  • 156. 「思索の日記」の事件!なんと一日で10万件越え!!
  • 2014年 7月28日
  • 155. 38回目の『手つかずの自然の海でのキャンプ&ダイビング』in式根島
  • 2014年 5月23日
  • 154. 恒例 春のハイキング
        - 沢井‐御嶽渓谷 & 奥多摩 -
  • 2014年 2月14日
  • 153. 原理と現実と
        『地方自治・職員研修』‐巻頭言
  • 2014年 2月 7日
  • 152. 「白樺教育館」新館落成10周年の集い
  • 2014年 2月 5日
  • 151. 多峰主山と名栗川ハイキング
  • 2013年10月 9日
  • 150. 『恋知』―「私」の生を輝かす営み 第2章 恋知とは何か
  • 2013年 9月 3日
  • 149. 「白樺教育館」推薦の展覧会 ーコル ビュジエと20世紀美術・「国立西洋美術館」
  • 2013年 7月 2日
  • 148. 彫刻家・酒本雅行さんからの寄贈作品2点
  • 2013年 3月17日
  • 147. 『恋知』―「私」の生を輝かす哲学の営み
         第1章 天皇制ってなんだろう −わたしの経験から考える
  • 2013年 1月23日
  • 146.『東京新聞』トップ記事ー尹東柱研究・楊原泰子さん(『白樺教育館』学芸員)の成果‐
  • 2012年11月1日
  • 145.2012年の白樺教育館ーコラボ写真
  • 2012年10月22日
  • 144.歴史を学ぶことの意味 尖閣(釣魚島)と竹島(独島)問題の背景ー説明と結語
  • 2012年 8月16日
  • 143.37回目の『手つかずの自然の海でのキャンプ&ダイビング』in式根島 
  • 2012年 8月15日
  • 142.福嶋消費者庁長官任期満了による退官と記者会見     
  • 2012年 7月 4日
  • 141.10枚の写真に見る 子供たちの世界のタケセン     
  • 2012年 5月11日
  • 140.武田康弘による公共の本質論が、都の職員の研修論文に
        -首都大学東京機関誌「みやこ鳥」-
  • 2012年 4月 3日
  • 139.ほんとうの教育と哲学を目がけて ー 『全身の細胞で考える』 ー
        惰性態から脱するソクラテス的対話の36年
  • 2012年 2月24日
  • 138.18枚の写真で見る『白樺教育館』
  • 2012年 1月20日
  • 137. 市民の知を鍛える - 竹内哲学と柳思想を越えて -
  • 2011年11月16日
  • 136. 12枚の写真で見る《ふだんの手賀沼遊歩道》
  • 2011年10月 9日
  • 135. 36回目の式根島、キャンプ&ダイビング 写真集
  • 2011年 7月30日
  • 134. 講演会『柳宗悦の思想 - その面白さ -』 講師:武田康弘
  • 2011年 6月 6日
  • 133. 自分で放射線レベルを測る. 西山裕天(ひろたか)
  • 2011年 6月 5日
  • 132. 対話篇「自分を中心に考える、とはどういうことか。小我と大我」
  • 2011年 6月 2日
  • 131. 恒例 春のサイクリングとハイキング
  • 2011年 4月27日
  • 130. 原子力から太陽力へ! ‐ 太陽光発電の発電力は? ‐
  • 2011年 3月17日
  • 129. いま、最も学ぶべき石橋湛山(第55代総理大臣・哲学者)の思想と実践
  • 2011年 1月10日
  • 128. 『サークル とわの会』の活動 「地域新聞鎌ヶ谷版」の第一面に!
  • 2010年10月 5日
  • 127. 「公共」をめぐる哲学の活躍
       ‐‐ これですべてがわかる!!
  • 2010年 9月15日
  • 126. 本邦初討論 「ハーバード 白熱教室 Justice
       マイケル・サンデル教授」を 巡って
  • 2010年 9月10日
  • 125. 10.2 四谷集会 〜学校に言論の自由を求めて〜
        モンスター都教委さま 裁判へようこそ Part ll
       元都立三鷹高校校長土肥信雄の闘い
  • 2010年 8月 7日
  • 124. 34年目の式根島、キャンプ&ダイビング 写真速報
  • 2010年 7月10日
  • 123. 金泰昌(キム・テチャン)‐武田康弘の往復書簡 出版へ
       『ともに公共哲学する』 東京大学出版会刊
  • 2010年 7月 8日
  • 122. 「新しい公共」について考えるパネル・ディスカッション
       参議院(行政監視委員会調査室、内閣委員会調査室)主催
  • 2010年 6月23日
  • 121. 「公共」をめぐるパネル・ディスカッション
       18年前と明日(6月24日)のパネル・ディスカッション
  • 2010年 5月23日
  • 120. みたけ渓谷ハイキング
  • 2010年 5月 2日
  • 119. 『行政監視と視察』発刊・画期的な報告書 (行政監視委員長・視察報告)
  • 2010年 4月28日
  • 118. あけぼの山公園サイクリング、ほか
  • 2010年 4月11日
  • 117. 小池静子著『柳宗悦を支えて 声楽と民藝の母・柳兼子の生涯』をめぐる 問題
  • 2010年 2月12日
  • 116. 二人のタケダ(竹田青嗣・武田康弘)思想 荒井達夫著(参議院『立法と調査』論文)
  • 2010年 1月 7日
  • 115. 「東大病」についての対話
  • 2009年12月 7日
  • 114. ブラームス交響曲全集  ラトル・ベルリンフィルのライブー21世紀のルネサンス
  • 2009年12月 7日
  • 113. オーディオ体験談 ‐ 普遍的な『よい』を求める
  • 2009年11月28日
  • 112. 日経新聞/『街の哲学 人を動かす』
  • 2009年10月21日
  • 111. 10月より武田館長
    参議院・行政監視委員会の客員調査員-講師に
  • 2009年 9月21日
  • 110. 『生と哲学の原理』についての対話
  • 2009年 8月21日
  • 109. 2009式根島キャンプ&ダイビング
  • 2009年 7月 2日
  • 108. 東大病 ‐ 「キャリアシステム」を支えている歪んだ想念
  • 2009年 6月28日
  • 107. 奥多摩ハイキング
  • 2009年 6月20日
  • 106. 公と公共の分離への批判 2. ざっくばらんに言えば・・・
  • 2009年 6月18日
  • 105. 公と公共の分離への批判 ‐武田館長の見解‐
  • 2009年 5月31日
  • 104. 講師:武田康弘 講演会―「東大病」ってなんだろう?
  • 2009年 5月20日
  • 103. 手賀沼一周サイクリング
  • 2009年 5月18日
  • 102. 現代邦楽の黎明 清瀬保二から長澤勝敏へ
       日本音楽集団 第195回定期演奏会
  • 2009年 4月29日
  • 101. 『白樺文学館創成記』 オープン!
  • 2009年 4月 8日
  • 100. 教育館と桜
  • 2009年 3月17日
  • 99. 教育館5周年記念・白樺スピリット10周年の集い
  • 2009年 3月 3日
  • 98. 東京新聞/ 天下り根絶 『良識の府』が問う
    「公僕の原則 見失うな」
  • 2008年12月31日
  • 97. 武田康弘館長による【哲学】する公開講座
    ー市民アカデミア2008 の総括
  • 2008年12月21日
  • 96.『立法と調査 別冊 2008.11』発行のお知らせ
    特集 「国家公務員制度改革とキャリアシステムに 関する意見調査」
  • 2008年11月21日
  • 95. 武田康弘館長による【哲学】する公開講座 ー市民アカデミア2008
  • 2008年10月27日
  • 94. 写真速報 『公務員を哲学する−市民社会と公共性を考える』ー市民アカデミア2008
  • 2008年 9月10日
  • 93. 参議院調査室からの論文依頼 『「国家公務員制度改革とキャリアシステム」 について』
  • 2008年 9月10日
  • 92. 公開講座『公務員を哲学する−市民社会と公共性を考える』ー市民アカデミア2008のご案内
  • 2008年 7月13日
  • 91. 『清瀬保二ピアノ独奏曲全集 花岡千春』
    品位が高く上質なこと、柳兼子と清瀬保二
  • 2008年 6月29日
  • 90. 公(おおやけ)と公共を分けるべき!?
  • 2008年 4月10日
  • 89. 「公共哲学と公務員倫理」 〜パネルディスカッションを振り返って〜
  • 2008年 4月 1日
  • 88. 『十五の心』(クラリネットとピアノ・大島姉妹) 日本語の美しさを≪器学≫で味わう
  • 2008年 1月30日
  • 87. 参議院主催パネル・ディスカッション「公共哲学と公務員倫理」
  • 2008年 1月 9日
  • 86. 館長・武田康弘が、 参議院主催「公共哲学と公務員倫理」のパネリスト
  • 2007年12月23日
  • 85. 5.13荒崎海岸と 12.16手賀沼サイクリング写真集
  • 2007年12月23日
  • 84. 金泰昌(キム・テチャン)‐武田康弘(たけだやすひろ) の 恋知対話(往復書簡) Part 2.
  • 2007年11月11日
  • 83. 幻の「白樺特集号」
    『公共的良識人』07年2月号掲載予定の原稿公開
  • 2007年 8月21日
  • 82. 31年目の式根島キャンプ&ダイビング
  • 2007年 8月17日
  • 81. 金泰昌(キム・テチャン)‐武田康弘(たけだやすひろ) の 恋知対話(往復書簡) Part 1. 完結
  • 2007年 6月 6日
  • 79. 金泰明(キム・テミョン)さん来館
  • 2007年 6月 4日
  • 78. 新緑の益子参考館へドライブ
  • 2007年 3月20日
  • 77. 教育の本質 受験を目的に生きる!? 体遊び→豊かな心→優れた頭
  • 2007年 2月 8日
  • 76. 市民自治を創る(福嶋我孫子市長・武田館長)
  • 2006年12月27日
  • 75. 12.23 キムさん・タケセンを軸にした白樺討論会〈第5回白樺討論会〉
  • 2006年12月20日
  • 74. 12.9〈第4回白樺討論会〉 山脇直司氏・武田康弘氏
  • 2006年11月25日
  • 73. 10.8〈第3回白樺討論会〉 稲垣久和氏・古林治氏
  • 2006年11月25日
  • 72. 9.9〈第2回白樺討論会〉 山脇直司氏・荒井達夫氏
  • 2006年8月25日
  • 71.「白樺教育館の活動は、日本における注目すべき動向」 ―高い評価を頂きました
  • 2006年7月25日
  • 70.奥多摩ハイキング写真集
  • 2006年 7月 8日
  • 69.『6.3金さんとの対話』の感想 ー 染谷裕太、中西隼也、 中野牧人、楊原泰子、古林 治、清水光子(+川瀬優子)、 舘池未央子
  • 2006年 5月30日
  • 68.5.14民知の会・設立記念シンポジウム&パーティ
  • 2006年 3月21日
  • 67. 主観を消去する日本というシステム
  • 2005年12月2日
  • 66. ブログ「思索の日記」ー1年間でジャスト4万件!感謝です
  • 2005年10月8日
  • 65. 民知・恋知と公共哲学
  • 2005年9月20日
  • 64. 民知=恋知とは?
  • 2005年 8月22日
  • 63. 8・7会談ー竹田青嗣氏・山脇直司氏・武田康弘氏
  • 2005年 8月11日
  • 62. 今年も晴天・凪!の式根島―楽しいキャンプの写真です
  • 2005年 7月 9日
  • 61. 民知宣言!「公共哲学」編者ー金泰昌氏来館・会談
  • 2005年9月20日
  • 60. 『思索の日記』、3万件突破−1日100件越え!
  • 2004年 9月 3日
  • 59. 皇族の人権と市民精神の涵養
  • 2004年 9月 3日
  • 58. 2004式根島キャンプ写真集-予告-
  • 2004年 6月16日
  • 57. 日本の政治家は、 国という言葉の意味も知らない!!
  • 2004年 6月16日
  • 56. 靖国神社と君が代
  • 2004年 5月22日
  • 55. 認識における言葉 体験能力 よき生
  • 2004年 5月22日
  • 54. 思想 と 心情
  • 2004年 5月22日
  • 53. 精神的「自立」のための条件とは?
  • 2004年 4月26日
  • 52. [とわの会]写真アルバム
  • 2004年 3月31日
  • 51. ソクラテス教室・新入生(小1〜高3)を募集
  • 2004年 3月19日
  • 50. トランジスタアンプと真空管アンプ
  • 2004年 3月14日
  • 49. 躾(しつけ)と称して子供の心を抑圧していませんか?
  • 2004年 3月11日
  • 48. 「音楽を聴く会ー至福のひとときー」に向けて
  • 2004年 2月21日
  • 47. 写真で見るー2.1落成祝いの集い
  • 2004年 2月 1日
  • 46. タケセンー武田先生―武田さんー武田康弘
  • 2004年 1月24日
  • 45. 白樺教育館・本校舎 落成を祝う集い
  • 2004年 1月12日
  • 44. 看板の”できるまで”と外観写真
  • 2004年 1月12日
  • 43. 白樺教育館 落成記念 ケーナコンサート”旅する魂”
  • 2003年11月30日
  • 42. 「彫刻」玄関の手の取っ手
  • 2003年10月20日
  • 41. 市民=シチズンとは
  • 2003年10月 9日
  • 40. 教育とは、魂への配慮のこと
  • 2003年10月 8日
  • 39. 「知」を有用なものとするために
  • 2003年 9月13日
  • 38.白樺教育館・本校舎 建前の様子
  • 2003年 9月13日
  • 37.2003 式根島キャンプ 写真集
  • 2003年 9月 1日
  • 36.「教育館」への四人のエール
  • 2003年 7月22日
  • 35.飯泉賢二さんのこと‐ 柳夫妻との親交 ‐
  • 2003年 7月22日
  • 34.「白樺教育館・本校舎」建築
  • 2003年 6月 2日
  • 33.思想は、真に現実的でなければ意味がない
  • 2003年 5月25日
  • 32.白樺教育館のソクラテス教室では
  • 2003年 5月25日
  • 31.ソクラテス教室・哲学の問い−A
  • 2003年 4月 6日
  • 30.清瀬保二(きよせやすじ)CD 生誕100年記念演奏会
  • 2003年 2月20日
  • 29.武田康弘 講演会 [生き方革命]のお知らせ
  • 2003年 2月20日
  • 28.清瀬保二の人と音楽語法
  • 2003年 2月20日
  • 27.柳兼子をたたえて 【お話と歌曲の夕べ】 その後
  • 2003年 1月21日
  • 26.わたしが選んだ2002クラシックベスト10
  • 2003年 1月20日
  • 25.こんな本はいかが? 民知の図書館 2.
  • 2003年 1月13日
  • 24.周さんからの年賀状
  • 2003年 1月10日
  • 23.柳兼子をたたえて 【お話と歌曲の夕べ】 講演録
  • 2002年12月17日
  • 22.柳兼子をたたえて 【お話と歌曲の夕べ】 レジュメ
  • 2002年11月24日
  • 21.憧れ・想う世界 (Bさんへの手紙)
  • 2002年11月24日
  • 20.ビフォー&アフター  - 哲研の顔の15年 -
  • 2002年10月 9日
  • 19.松橋さんとの雑談会
  • 2002年10月 1日
  • 18.ブレイク ってどんな人
  • 2002年9 月24日
  • 17.人が生きるということ/哲学の本質
  • 2002年8 月16日
  • 16.2002年 式根島キャンプ アルバム
  • 2002年7 月30日
  • 15.雑誌『白樺』を読む 1.
  • 2002年7 月21日
  • 14.教育館のオーディオ
  • 2002年 7月21日
  • 13.周さんとの再会/リーチの椅子
  • 2002年 7月 7日
  • 12.わたしが選んだ2001クラシックベスト10
  • 2002年 7月 7日
  • 11.我孫子野外美術展のお知らせ
  • 2002年 6月10日
  • 10.出来立てホヤホヤの教育館パンフレット
  • 2002年 5月25日
  • 9.こんな本はいかが? 民知の図書館 1.
  • 2002年4月27日
  • 8.白樺教育館の基本姿勢 - 所有から存在へ -
  • 2002年 4月19日
  • 7.教育館の彫刻、オブジェ
  • 2002年 4月11日
  • 6.教育館の彫刻、BOCOS(ボコス)到着 !!
  • 2002年 3月 6日
  • 5.我孫子・丸刈り狂騒曲を振り返る
  • 2002年 3月 7日
  • 4.本部設立記年コンサートほか
  • 2002年 1月20日
  • 3. 2002年第一回 哲学研究会/市政研究会
  • 2002年 1月16日
  • 2. 「神話」の消去
  • 2002年 1月15日
  • 1. 白樺教育館 本館 設立記念コンサート


  •  

    白樺教育館の基本理念は白樺文学館設立の過程で育(はぐく)まれたものです。そのころに制作された、『白樺文学館 開館顛末記』および『白樺だより』は、その軌跡と言っても良いでしょう。『教育館だより』もまたその延長上にあります。というわけで以下に『白樺文学館 開館顛末記』および『白樺だより』も載せておきますので興味のある方はご覧下さい。

    白樺だより 目次

  • 2001年10月15日
  • 11. ロダンと白樺派
  • 2001年 8月30日
  • 10. 白樺教育館/佐野新館長
  • 2001年 8月18日
  • 9. 人間としての立場(憲法と私)
  • 2001年 8月18日
  • 8. 柳宗悦の生きた時代と現在(元号と西暦)
  • 2001年 7月29日
  • 7. 白樺派の封印がまた一つ・・・
  • 2001年 6月20日
  • 6. 白樺派と我孫子・手賀沼
  • 2001年 5月28日
  • 5. 書簡 [斎藤一二氏宛て]  柳 兼子
  • 2001年 5月 5日
  • 4. 《永遠のアルト 柳兼子》発売の顛末
  • 2001年 5月 1日
  • 3. ホームページ、トップメニューの変更
  • 2001年 4月11日
  • 2. 旧武者小路実篤邸訪問
  • 2001年 4月 8日
  • 1. 三樹荘(旧柳宗悦邸)訪問
  •  


    しらかばぶんがくかん かいかんてんまつき
    白樺文学館 開館顛末記 目次

  • 2001年 1月18日
  • 26.顛末記の最後に
  • 2001年 1月15日
  • 25.開館セレモニー
  • 2001年 1月 7日
  • 24.あと4日/近況
  • 2000年12月27日
  • 23.ふりがなを追加したわけ/文学館、初めての利用者
  • 2000年12月10日
  • 22.できたてのホヤホヤ 建物見学
  • 2000年11月20日
  • 21.バーナード・リーチ、河井寛次郎、濱田庄司の作品
  • 2000年11月20日
  • 20.建設現場と彫刻
  • 2000年11月20日
  • 19.バーナード・リーチ
  • 2000年10月14日
  • 18.開館に向けて 白樺文学館設立の趣旨 他
  • 2000年 9月16日
  • 17.志賀 直哉と武者小路 実篤/『文学館』書体
  • 2000年 8月 3日
  • 16.ブレイクとグレイ 『A Long Story』その他
  • 2000年 8月 6日
  • 15.『白樺フィロソフィー』
  • 2000年 8月 3日
  • 14.学芸員紹介、ボランティア、共同作業の快楽
  • 2000年 7月16日
  • 13.文学館の顔、小林多喜二への書簡
  • 2000年 7月 8日
  • 12.本邦初公開
  • 2000年 7月 8日
  • 11.文化は第二の本能  -タケセン公演会-
    5月21日の講演会「志賀直哉ら白樺派に学ぶ」について
  • 2000年 7月 1日
  • 10.白樺文学館の理念3  - 創造の地ー我孫子
    改訂版(武田康弘)
  • 2000年 7月 1日
  • 9.佐野さんのこと、周さんのこと
  • 2000年 6月21日
  • 8.場所 - 建造物 白樺文学館の基本理念
  • 2000年 6月16日
  • 7.梅雨の合間(あいま)に
  • 2000年 6月14日
  • 6.建築の理念 -建築会議は哲学研究会分室?-
    白棒文学館 - 彫刻・家具・造作・建築空間・形(武田康弘)
  • 2000年 6月14日
  • 5.白樺文学館の理念2  創造の地ー我孫子  改訂版(武田康弘)
  • 2000年 3月 8日
  • 4.リーチの絵、柳宗悦のこと
  • 2000年 2月
  • 3.白樺文学館の理念 - 創造の地ー我孫子
  • 2000年 2月18日
  • 2.起工式(地鎮祭ぢちんさい)
  • 2000年 2月
  • 1.白樺文学館開館まで


  • 戻る
  •  
  • Home
  • >
  • 教育館だより 目次